アジア・ASEAN各国での販路開拓・業務提携を応援します。

  • ABSAとは
  • 支援プログラム
  • マッチングの流れ
  • マッチングを成功させるためには
  • FAQ

アジア・ASEAN市場の販路開拓・業務提携を成功させるためには

《 アジア・ASEAN市場の販路開拓・業務提携を始める前に・・・ 》

●海外展開失敗パターン

●失敗パターンに陥らない為には

また、海外展開後、下記のような問題への対策と 未然に知ることのできない事項に対しての柔軟な対応をしていくための準備が重要



1)《 BtoB(企業間取引)におけるアジア・ASEAN市場の販路開拓・業務提携方法 》

BtoBでの、アジア・ASEAN市場の販路開拓・業務提携の手法として大きく2つの方法があります。
現地に赴いて開拓する「地上戦」と、インターネットを活用する「空中戦」です。
今までの海外進出方法として行われていた方法として現地法人設立や現地に出向いての展示会へ出展などの直接的な地上戦しかありませんでしたが、近年では検索エンジンやBtoBマッチングサイト等、インターネットを通じて世界中から引き合いを受けることが出来る空中戦が注目されています。

2)《 インターネットを活用した複合的なアジア・ASEAN市場の開拓 》

<<アジア新興国のインターネット人口は、年平均10~20%の増加が見込まれる>>


☆アジア新興国のインターネット人口の増加は著しく、またインターネットを活用した情報収集並びに購買活動が通常となり、
今後日本企業が保有する「製品。技術・サービス」を販売するマーケットニーズは確実に拡大していく。
新興国ではインターネットユーザーが爆発的に増え、既にそのユーザーは先進国を超えています。
インターネットという世界共通の広告媒体を活用することにより、高成長を続けているアジア・ASEAN企業に 「小コスト・小リスク」「販路拡大・業務提携」進出が可能です。

3)アジア・ASEAN市場の販路開拓・業務提携するなら 「BtoB(企業間取引)」

アジア・ASEANの販路開拓を行う場合、現地の消費者に直接販売するより、その国の商習慣やニーズを理解している
現地の代理店・卸売業者等とパートナーシップを結び販売展開する方が、「スピード・コスト・安心度」など効率的です。